大垣山岳協会

個人山行

点名・奥春日

梅雨時のトレーニング・高天神 他 2022.06.23

【 個人山行 】 高天神(919m △なし)、点名・滝 ( 887.8m Ⅲ△ )、点名・奥春日 ( 809.9m Ⅳ△ ) (池田山山地) 丹生 統司  梅雨時の垂れた低い雲を見ると遠出の計画が立て辛い、山ヤ泣かせの季節である。近...
千本木

千本立に立てて嬉しや、激やぶなんの 2022.06.13

 ひと月前に地理意識の混乱の末に直前まで迫りながら、引き返した信州平谷の千本立(1466m点名同Ⅲ△)への登頂を果たすことができた。山頂からの眺望は最高。近隣の山、遠く南アの主峰群の姿を拝し頭を下げた。悦楽の後には苦行が伴う。南尾根を下り...
久住山

初夏の山を彩るミヤマキリシマ 2022.06.02

【 個人山行 】久住山 ( 1787m Ⅰ△)、中岳 ( 1791m △無し )、天狗ヶ城 ( 1780m △無し )清水 友子 日程:2022年6月2日 (木)参加者:清水友、他1名行程:牧の戸峠6:30→扇の鼻分岐8:10-8:...
千本木

東方子、桐山、千本立 ブナ帯歩き難渋記 2022.05.19

 南信・平谷村の里山尾根を歩いて、ブナ林帯樹林の若葉が織りなす緑陰をキョロキョロウットリ。でも最後の千本立(1466m点名同Ⅲ△)の山頂直前で思わぬ失態で引き返した。千本立という山名に樹林を愛する人々の思いを感じる。かつて、ブナやミズナラ...
とある地域

と、ある山で遭遇・お花見 2022.05.18

【 個人山行 】  と、ある山  丹生 統司   と、ある山の谷へ釣りに出かけたのであるが1時間半も糸を垂らして釣果は放流サイズが1匹、早々に竿を仕舞った。さて天気は上々で帰るには早い、絶滅危惧種のクマガイソウ探索でもと勘を頼りに時...
屏風山

左門岳、屏風山 2022.03.08-10

月報「わっぱ」 2022年5月(No.486) 【 個人山行 】 左門岳 ( 1223.5m Ⅲ△ ) 、 屏風山 ( 1354.1m Ⅱ△ ) 丹生 統司 日程:2022年3月8日(火)~ 10日(木)参加者:丹生統地理院地...
横山岳

花とブナの新緑回廊・横山岳 2022.04.30

【 個人山行 】 横山岳 ( 1131m Ⅱ△ ) 丹生 統司  ゴールデンウィークの初日を近くの横山岳で過ごした。コエチ谷では可憐なイチリンソウの白花に足止めされ、三高尾根ではイカリソウやミツバツツジが春の陽射しに映えるのを眺めた...
岩岳

美濃百山B級完登に立ち会う・岩岳 2022.04.23

【 個人山行 】 岩岳 ( 999.5m Ⅲ△) 丹生 統司  我が会ではホームグラウンドである美濃の山を100山(A級30・B級30・C級40)指定して完登者を表彰しバッジを贈呈する制度がある。この度B級の完登に御一緒した報告であ...
飯地高原

山考雑記 廃絶した川平集落跡 長い石垣だけを見た 2022.04.19

 暗い林内の急斜面にそそり立つ石垣は40年前まで人々が暮らしていた住家の跡だった。木曽川の丸山ダム湖の北側斜面にかつて存在した川平集落を再訪した。昨秋には行き着けなかった生活路の川平道と沿道の住宅跡を現認できた。廃村となり約40年。旧住民...
釈迦ヶ岳

山笑う春の釈迦ヶ岳 2022.04.20

【 個人山行 】 釈迦ヶ岳 ( 1091m 三等三角点 ) 清水 友子 日程:2022年4月20日 (水)参加者:小倉繁、清水友、他2名行程:釈迦が岳登山口7:20→P649 8:10→北山8:50→岩が峰9:50→県境尾根10:3...