大垣山岳協会

お一人様の小津権現山 2018.11.03

小津権現山

小津権現山 成瀬徳幸

 山を愛する皆さん、目的の山への途中でアクシデントに見舞われたことはありませんか。なにせ、悪路を通るので様々なことが起こります。10月29日(月)、能郷白山に向かった私の車が猫峠を越えてすぐ先の道路の崩壊のためUターンをした際、細かい岩の上を通過した時、左の前輪がパンクし、走行不能となりました。携帯の通信エリア外でしかも車に積んでいるのは応急のパンク修理キット。しかし、10分以上走ってはいけない旨の表示も。万事休す。

 後に続かない私の車の異変に気づき、Eさんの車が戻ってきてくれました。鳩首協議の結果は、行く先を大白木山に変更、まずE氏の車で運転手を除く参加者を折越峠まで送る、Eさんと私は自宅まで戻り、冬用タイヤを取りに行くことになりました。自宅まで往復し、タイヤを代えて、3時間半遅れで追いかけるものの、間に合うはずもなく、わずか30分後に合流。その夜、会の先輩とスペアタイヤのない車への不満で盛り上がる。今後、私としては悪路が予想される時は、自衛策としてスペアタイヤを積みこんでおくことにした。

 そんなこともあり、11月3日の小津権現山を急遽計画したのですが、山友にふられまくり、結局お一人様での登山となった。自宅から30分、この近さで奥美濃の山を楽しむことができる。7時半登山口到着、先行の車が一台あった。歩き出すと台風の爪痕があちこちに残っていたが、「小津権現山登山道を守る会」等のご尽力により、登山道は完璧に整備されていた。また、3年前と比べて道標が充実されたことに気づいた。

 紅葉も例年と比べると見劣りするが、高屋山を過ぎるとカエデ類の赤色も混じってきて、鮮やかな紅葉を楽しむことができた。下山時には、単独2組、二人連れ2組の登山者に会った。

クマさんがお出迎え
台風の爪痕
随分道標も整備された
高屋山手前あたりの紅葉
高屋山から望む山頂
高屋山を過ぎると紅葉が鮮やかになってきた
山頂手前のピークから山頂を望む
山頂の社
29日登れなかった能郷白山と冠雪した白山(右端)
下山途中の紅葉

コースタイム 登山口7:36→高屋山8:42→山頂9:45~10:20→登山口11:50

<ルート図>

フォトチャンネル   (旧ブログ写真集)

小津権現山 紅葉 18.11.3

自宅からわずか30分、小津権現山の紅葉を楽しんできた。台風の爪痕も散見されたが、権現山を守る会の手入れで快適な登山道となっている。
(写真枚数25枚、内10枚は記録参照)

01 台風の爪痕 7:41
02 台風の爪痕 7:50
03 登山道後方は高屋山 7:55
04 登山道 少し紅葉 8:02
05 登山道・旧道との分岐 8:12
06 登山道 8:25
07 登山道 8:49
08 登山道 8:50
09 山頂手前のピーク 8:56
10 振り返り高屋山 9:12
11 紅葉 9:29
12 揖斐の町を望む
13 花房山を望む
14 冠山(左端)と若丸山
15 帰りの紅葉 10:32

コメント