大垣山岳協会

春の雪上講習、野伏ヶ岳・薙刀山 B 2021.04.10

野伏ヶ岳
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【春山雪上訓練】 野伏ヶ岳 ( 1674.28m Ⅲ△ )、薙刀山 ( 1647.2m Ⅲ△ )

  • 日程:2021年4月10日(土) 晴れ
  • 参加者:
    • A班 CL丹生統、佐藤大、藤井利、藤井眞、宮沢健、村田美
    • B班 PL.中田英、SL.後藤正、清水克、平木勤(スキー)、藤野一、吉田千
  • 行程:
    • A班 中居神社7:05-和田山牧場跡8:30-ダイレクト尾根乗越9:55-野伏ヶ岳11:30~13:10-和田山牧場跡ビーコン講習15:00~20-中居神社16:30
    • B班 中居神社6:30-和田山牧場跡7:45-1230m推高谷09:10-薙刀山10:45~11:00-野伏ヶ岳12:25(A班合流、以降同上)
  • 地理院地図 2.5万図:願教寺山

B班報告 後藤 正雄

 薙刀山・野伏ヶ岳を周回するB班は、A班に先立つこと6:30に駐車場を出発。

 和田山牧場にはこの時期に何回も来ているが、こんなに雪がないのは初めてである。

 和田山牧場到着。願教寺山、三ノ峰が見える。

 牧場跡を横切って進んでいく。途中地面も見えているところもあり、雪解けの速さに驚く。

 林道まで上がってきた。地形図を確認。この先、谷をまたぐところをどのあたりにしようかと。

 推高谷へ一旦下降。登り返しをどこから取付くか悩ましい。スキーの平木さんには申し訳ないが、藪の薄そうな崖を登る。

 谷を渡り、1250mからおよそ150mの急登。(平木さん提供)

 急登も終わり、ちょっと一息。左手には野伏ヶ岳が。稜線には藪がかなりでている模様。

 小さな起伏を乗り越え薙刀山を目指す。

 山頂へは直登で。(平木さん提供)

 山頂まであと少し。

 薙刀山山頂にて。白山がすぐ近くに。山頂到着をCallすると、A班は1460mぐらいのところ。この調子では、A班には少々お待ちしていただくことになるかも。

 白山を背に、薙刀山山頂にて。(清水さん提供)

 いよいよ野伏ヶ岳へ。途中、クラックなどの危険なところはなさそうだが、雪がつながっていないところが見える。藪の中を滑るわけにはいかないので、平木さんとはここでいったんお別れ。牧場跡でお会いしましょう。

 途中、野伏ヶ岳からの単独の登山者とすれ違う。藪が出ているがそんなにひどくはないとのこと。
その情報を頼りに先へ進む。

 藪に突入。アイゼンを履いたままなのでかなり歩きづらい。スパッツを破らないように気を付けて。

 藪に体力を奪われながらもようやく野伏ヶ岳へ。昼食後、御嶽を望みながらA班とともに下山した。

 当初の想定ルートと異なり、薙刀山を直登することとした。状況に応じてのルート選択の結果であり、中田PLをはじめ、メンバー各自の判断力の結果でもある。常日頃から状況に応じた判断ができるよう心掛けていきたい。

 天候に恵まれ、また、雪野状態も問題なかったため無事に周回ができた。ただ藪漕ぎは想定外であったが。皆様お疲れさまでした。


ルート図


コメント