大垣山岳協会

新人連れて雪の入笠山に登る 2019.03.02

入笠山

入笠山(1955m) 小倉幹雄

  • 日程:2019年3月2日(土)
  • 参加者:L 小倉幹、小倉繁、岡田裕、阿部育、名和妙、依田良、村田美
  • 行程:大垣6:00=富士見パノラマリゾート山麓駅9:40=山頂駅10:10-入笠山11:55~12:45-山頂駅13:55=山麓駅14:10=大垣16:10

 新人のたっての要望でヤブのない眺望の良い入笠山に行ってきました。趣旨に賛同した会員も含め、年齢層豊かな山行となりました。老人は体力作り、新人は雪山初歩技術の経験が目的。今年は積雪が少なく、入笠湿原は木道が見える状態でした。

入笠山登山道の雪は少し硬い様で安全のため登山口でアイゼンを付けることにしました。新人のうち一人は今回が初めての雪山でなにからなにまで初めてで、アイゼンもそうです。まず、装着の仕方を教え、次に急斜面のアイゼンの置き方、歩き方を指導しました。

山頂駅から2時間弱で入笠山山頂に到着しました。山頂は快晴で風の少なく、近くに八ヶ岳連峰、蓼科山、南アルプスの甲斐駒が岳、仙丈が岳、鳳凰三山、北に中央アルプス、、穂高連峰、美ヶ原等360度の眺望で一同大満足でした。

この日は気温も高く、昼食兼ねて休憩しました。帰りには、林が伐採された所があり、登山道よりはずれていましたが、各自踏まれて無い雪面を楽しみながら林道まで下りました。

<ルート図>

コメント