大垣山岳協会

鮮やかな景色 木曾駒ケ岳 2021.05.04

木曽駒ヶ岳

木曾駒ケ岳 ( 2956m Ⅰ△ ) 小倉 幹雄

  • 日程:2021年5月4日(火・祝) 晴れ
  • 参加者:小倉幹、山本知
  • 行程:大垣5:00=菅の台バスセンター7:15~8:00=千畳敷駅8:45~9:05-乗越浄土10:05-木曾駒ケ岳山頂11:10-宝剣山荘前13:00-千畳敷駅14:10~14:40=菅の台バスセンター15:30=大垣18:10
  • 地理院地図 2.5万図:木曽駒ケ岳

 3年生程の会員より、ゴールデンウィークの会の山行にはまだ雪山のテント箔の装備はもっていないので日帰り可能な雪山をと考えていたところ、木曾駒ヶ岳はまだ行ってないとのことでした。

 雪山の経験を積んできましたので、5月2日に3名で計画しましたが、天候が良くない予報でしたので4日に変更しましたところ、MUさんは仕事で参加できない事でしたので2名で行くことにしました。
  
 千畳敷カールより乗越浄土までは8年程前に、退会された近藤さん達と行った時は行列ができる程の登山者でありましたが、今年はコロナ禍により比較的登山者は少ない様であった。

千畳敷カール

 中岳山頂の岩は、昨日の新雪と冷え込みでエビのしっぽができていた。

中岳山頂にて

 中岳より木曾駒ヶ岳へは、昨日の新雪で路面すべて雪で埋まっていて、適当な固さであったので山本さんにはアイゼンとピッケルのコンビレイションの経験ができた様です。(奥美濃の雪山では経験する機会が少ない為)

 木曾駒ヶ岳山頂の神社は屋根が見える程度までに雪に埋まっていました。(前回は神社は見えていたと思います。)

木曾駒ヶ岳山頂の神社

 山頂にて私おじいさんとツーショット写真

 空木岳より宝剣岳の中央アルプス。昨日の新雪で雪に覆われていた。

 今日は快晴に近い天候です、鮮やかな景色を見る事ができました。この時期は山肌は黒い所が多く見られるのが多いです。(昨日(5月3日)に槍ヶ岳を含む多くの山で遭難がありました。)

 千畳敷駅の外はまだ多くの(約3m程)雪に覆われていた。

千畳敷駅
登山ルート図

コメント