大垣山岳協会

雲ノ平周遊 2018.07.23-26

雲ノ平

雲ノ平周遊 成瀬徳幸

  • 日程:2018年7月23日~26日
  • 参加者:成瀬徳 他
  • 行程:
    • 初日(23日) 新穂高~わさび平
    • 2日目(24日) わさび平~鏡平~双六~三俣山荘
    • 3日目(25日) 三俣山荘~鷲羽岳~祖父岳~雲ノ平山荘~三俣山荘
    • 4日目(26日) 三俣山荘~新穂高

 昔の山友と4回目となる山行を計画した。雲ノ平を45年ぶりに訪れる旅、暑さに負けて水晶岳を省略して、鷲羽岳から祖父岳、さらにクラシック音楽が流れる雲ノ山荘を訪問。雲ノ平から黒部源流へ下る急な道に膝を心配した旅であった。チベット高気圧と太平洋高気圧の二重構造による異常な暑さ、特に初日の無風での歩きは、高山と言えども、老体には少し過酷であった。

出発の朝 わさび平小屋
左の部分が増築 宿泊がより快適になったが、前日到着時の部屋は蒸し風呂状態
イタドリヶ原
ニッコウキスゲ
クルマユリ

 鏡池の手前までは早朝のため比較的涼しい時間であったが、その後容赦ない日差しに苦しめられた。

鏡池と穂高
鏡池と槍
池とコバイケイソウ
一見涼しそうだが、日差しは強い
タカネヤハズコ 弓折乗越付近
ハクサンイチゲ 乘越付近
双六岳とハクサンイチゲの群落

 双六山荘からは最も楽な巻き道を選択したが、意外とアップダウンが多く、しんどかった。

鷲羽岳と水晶岳

 やっと山荘に着いた。早速、売店でビールを求めて乾杯。当初予定では、翌日鷲羽岳、水晶岳を経て雲ノ平山荘に宿泊し、最終日新穂高に下山する予定であったが、体力を考え、水晶岳をパスすることに決定し、三俣山荘に周回する計画とした。

山荘前から朝の槍
黒部五郎岳と鷲羽岳の影
鷲羽岳に到着
鷲羽岳を振り返る
水晶岳が近づく
イワツメクサ
タカネツメクサ
アオノツガザクラ
祖父岳
雲ノ平と薬師岳 祖父岳から
チングルマの群落
雲ノ平山荘は近い キャンプ場分岐
雲ノ平山荘とコバイケイソウ
黒部源流

 周遊を終わって、再びビールで乾杯。今回、女性の単独行を多く見かけた。折立から入山し、太郎平に宿泊、黒部五郎を超えて三俣山荘に2泊目、朝の3時に出発し、鷲羽岳、水晶岳を経由し、雲ノ平。ここで我々と遭遇。疲れたとは言いながら、薬師沢へと向かっていった。女性恐るべし。

 翌日は中道を通り、双六山荘に向かう。

三俣蓮華岳から望む水晶岳と雲ノ平
ミヤマリンドウ
槍の穂先とコバイケイソウ
連日の好天気で砂嵐が襲う
双六池 40年前はもっと大きかった記憶

コメント