大垣山岳協会

沢上(ソーレ)谷速報 2017.08.27

沢上谷

沢上谷そうれだに沢登り速報 成瀬徳幸

 久しぶりの好天下、旧上宝村鼠餅ねずみもち(ねずみもち)にある沢上谷そうれだにに行ってきました。
ひるがのあたりの気温は15度前後とはや秋の中盤かと錯覚するような天候で、ガスも濃く出ていました。

 廃村となった箕谷付近のゴール地点に一台車をデポし、15分ほど車で下り、入渓地点に車を停め、8時40分頃出発。

 諏訪ナンバーの車で3人組も我々と同じコースと推測されました。

 出発してすぐに小さな滑滝が現れ、さらに枝谷を進むと五郎七郎滝(写真①)が現れました。

(写真①)

 その後本谷に戻り、再び枝谷を進むと圧巻の高さの岩洞滝(写真②)が姿を見せました。この滝は水が落ちる裏側に出ることができます。

(写真②)

 再度本谷に戻ると高さ30mはあろうかという巨大な滑滝(写真③)が見えてきた。滝を見ながら大休止。

(写真③)

 この後、約50mの滝を巻きながらの急な登りで、最後は立派な杣道に達した。
これで一安心と思っていたら、固定ロープをつかみながらの懸垂下降のような下りが待っていた。今回最も緊張したところ。

 最後に降りたところは、さきほどの滑滝のまさしく落下点近く、ここのナメで足を滑らせたら、一巻の終わり。

 終盤のころ、会員の中からナメや滝を使っての水浴び者が出た。特にリーダー杉本さんの滑滝を利用しての滝壺ダイブは圧巻だった。

 最後の大きめの滑滝は右側に垂らされたロープを使っての登り(写真④)で全く飽きることがない。

(写真④)

 最後にコンクリート橋が見えてくるとそこがゴールで、12時50分着。

 今回の沢上谷は、初級者向きの沢登りとリーダーから聞いた。しかし、雨が続くためか水量が多く、水流も強いため、意外と緊張を強いられた。特筆すべきはこの谷の美しさですが、やはり行ってみないとわからない。

 一般登山路を行く登山と違って、沢登りは経験のあるリーダーと行かないと経験できない。我が会には多くの経験者がいることは非常に貴重だと思います。

 なお、この山行は9月中旬頃詳細をわっぱ記事としてアップします。

コメント