大垣山岳協会

涼しげな風に夏を忘れた茶臼山 2017.08.26

茶臼山

【サタデー山行】 茶臼山(1415.8m)、萩太郎山(1358.6m) 名和 妙子

  • 日程:2017年8月26日(土)
  • 参加者:CL 小倉繁雄、SL 安藤正明 他10名
  • 行程:岐建駐車場6:00=大垣西IC=名神・東名高速=日進JCT=猿投グリーンロード=力石IC=R153=稲武=R257=設楽=茶臼山高原道路=幸の丘P8:45~8:55-茶臼山頂上9:45~10:00-茶臼山高原-萩太郎山頂上11:10~12:45-幸の丘P13:10=どんぐりの里=守山PA=岐建駐車場15:50

 愛知県最高峰であり、山域は天竜奥三河国定公園に指定されている標高1,415mの茶臼山。

 愛知県と長野県にまたがる雄大な自然を感じ、春は芝桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色、と四季折々の様子を楽しむことが出来る山である。

 朝方激しい雨と雷。家を出る寸前に小雨になり駐車場での点呼時には雨が上がり、このままの天気でと願いながら出発。

 8:45に幸の丘駐車場に到着する。

 登山口出発は8:55、こちらの方も雨が降ったばかりなのかツルツル感があるので滑らないように慎重に進む。

 最初の休憩場所には、時期遅れのウバユリが一杯。野イチゴの赤が鮮やかだ。
“夏は新緑”と銘打ってあるだけあって、このグリーンは癒しを感じる。

 階段は浸食が進み土が流れてしまった所が多く慎重に進むが、よく整備され案内看板も多数あるので安心して歩ける。

 9:45茶臼山頂上に到着。二等三角点にタッチ、すぐそばには可憐にゲンノショウコの花が咲いている。

 山頂には展望台が設置してあり一方は愛知県側がもう一方は長野県側が眺められる様に作られているとの事だ。

 リーダーがカメラを構えていると、1人の若者が「撮りますよ」と声をかけてくれ「他の人はいいですか」と、ほんの些細な心使いが嬉しい。

 人と人との触れ合いを感じ10:00山頂を後に萩太郎山へ向かう。

茶臼山頂上からの萩太郎山

 萩太郎山へはスキー場のゲレンデ内を直登する。かなりの急傾斜が続くが矢筈池から涼しげな風が気持ち良くて夏を忘れる。

 11:10萩太郎山頂上に到着し、最初に四等三角点にタッチ。頂上は広く塔が一杯立っている。

 展望台があるので登ってみると360度の展望、三河の山々が一望できる。

 北方遠くに南アルプスの3000m峰を望めるらしいが、今日は雲で見えなくて残念。

 ここで昼食を摂り12:45分下山開始、ゲレンデを下る。

 休暇村のコテージや矢筈池を眺めながら進むとドッグランがあり、いつもと違う開放的な草原に、ワンちゃん達も大興奮!。それを横目に駐車場に到着。

 茶臼山は手軽にハイキングが楽しめ、季節に合わせて色々な楽しみが出来る場所。

 天候に恵まれ良い空気を吸い癒しの緑に心も身体もリラックス出来、とても充実した1日に感謝の山行でした。

<ルート図>

コメント