大垣山岳協会

点名 丸山 2017.12.02

点名・丸山

点名 丸山 (791.0m Ⅲ△)[美束] 堀義博 

  • 日程:2017年12月2日(土)
  • 参加者:L堀義博 他6名
  • 行程:モリモリ村8:00=車止め8:10~8:25-点名・丸山9:45~10:15-車止め11:15~11:25=モリモリ村11:40~12:55
  • 地理院地図 2.5万図:美束(岐阜12-1)

 個人的に忙しくて11月は時間がとれず、皆の協力をもらいなんとか12月初めに三角点のノルマを達成することができた。モリモリ村に集合し乗り合わせて出発。川合から春日中山に向かい、集落手前を右折し採石場への道路に入る。トンネル手前のヘアピンに駐車し、そこが出発点。

 当初計画ではそこから北へ白川集落に向かう地図上の破線をたどり、峠から稜線をたどる予定だった。ところが全く地図を見ていなく、出発点が沢の合流点ということを認識していなかった。本流をたどればいいものと思い込んでその方へ歩き出す。なかなか峠に着かないなと、現在地を確認したら全然違うところを歩いていた。頂上から直接降りてくる沢を登っていたのである。緊張感のなさを反省することしきり。

 沢は風倒木が多いが遡行に全然支障ないのでそのまま詰めることにする。最後の二股では右をとり途中の稜線に出る。稜線も風倒木は多いが藪は大したことがなく難なく頂上に到着。三角点はうっすら雪に埋もれていた。

 Cランクにしてはあっけない山であった。楽しみの鍋は下山後にしていたので、写真を撮って早々に下山開始。ルートは当初予定していた峠からの稜線をたどることとした。登りに取りついた辺りから下は植林帯で歩きやすいが尾根が広くルートの選定がむつかしい。登りに通っていないのでスマホを頼りに進み、無事峠に到着。昔はよく歩かれていたことを示すお地蔵さんが寂しげに立っていた。その先の破線も完全に廃道で、時の流れを感じさせる道だった。

<ルート図> [美束 (岐阜12-1)]

コメント