大垣山岳協会

滝波山 2021.02.13

滝波山

月報「わっぱ」 2021年3月(No.472)

【個人山行】  滝波山 ( 1412.3m Ⅲ△ ) 丹生統司

  • 日程:2021年2月13日(土)(曇り)
  • 参加者:L.丹生統、後藤正、佐藤大、山本知、吉田千
  • 行程:島口水道施設前7:25-尾根取付点10:00-P1290m11:10-P1386m12:05-滝波山12:15~12:55-駐車地点16:20
  • 地理院地図 2.5万図:門原(岐阜2-3)

 今季雪山シーズンの個人山行は正月4日の伊吹山弥高尾根以来自分の足跡を白銀の尾根や斜面に残すことに努めている。コロナ禍でもあるので、先ず人に会う確率の低い山を捜す。出来る限りラッセル痕がなく他パーティーと接触機会の少ない山が対象である。

 鬱陶しい薮が雪下に埋もれて自在にルートが選択できるので読図やルートファインディングの訓練にも適している。当然GPSなどという器機はザックに仕舞い、地形図とコンパスでの登山を心掛けている。滝波山は福井との県境の山で雪深くルートが長いので、2月のこの時期なら他人のラッセル痕はないだろう。5名で雪の斜面や尾根に落書きに出かけた。

 滝波谷に入ると水道貯水施設が有り、その膨らみに駐車した。島口林道を標高880m辺りまで利用し尾根に取り付く計画である。ワカンを付けてスタートしたが日当たりの良い所では雪の途切れる所が出て来た。ワカンが傷むので止むなく外すと日陰となって雪が深くなりたまらず又着けた。自然のいたずらに翻弄され対応するのも登山である。

 標高880m、長い林道が谷を跨ぎUの字状に折り返す手前で現在地を地形図で確認して尾根に取り付いた。九十九折に3ヶ所屈曲する林道をショートカットして主稜線を目指す。尾根には今季人が雪を踏んだ痕跡は無かった。

 当初緩やかに見えた尾根だったが直ぐに急な斜面となって前を行く人のワカンの裏が見えた。それでも根雪が新雪の下にある為にステップがしっかりしており壊れず助かった。

 林道は植林の為に造られたようで途中で地形図に記載がない林道が現れ滝波谷側東面一帯は伐採が進み植林が進んでいるようだった。5m程に育った檜の植林帯の中を蛇行しながら進んだが植樹の根元近くは落とし穴が有って注意が必要だった。

 斜面の所々には大きなブナが残されていた。山頂から南に派生した標高1290mの主稜線に上がりきる斜面に林立するブナは特に綺麗だった。そして急登はそこ迄続いた。

 主稜線の頭に着くと雪は締まっており思っていたほど潜らないが、ガスで山頂は見通せない。ここで現在地を確認しコンパスで北に有る山頂を目指して主稜線を辿った。時々雲が薄くなって太陽が覗くそぶりを見せたが結局この日、晴れ間は訪れなかった。雪庇は東の滝波谷側に出ていたがそれほど発達はしていなかった。標高1386mのピークでコンパスと地形図で山頂方向を再確認する。ガスの中では成り行きや勘で進むことを戒めた。面倒くさがらずに基本を守って行動するとポカや勘違いが防げて充実した登山が身に着く。GPS器機は遊びの楽しみを半減するから、ザックに仕舞って保険としていただきたい。

 板取地域は天然ヒノキやミズナラの巨木が豊富で、川浦谷の奥地では大株の天然ヒノキに幾度か遭遇し感動した記憶が有る。この日も尾根で横に大きく枝を伸ばした天然ヒノキを見つけカメラに収めた。立ち枯れした大株のヒノキも所々にあった。

 北に向かっていた尾根が東に向きを変えて少し下ると高みへ導き出した。いよいよ山頂の予感がした。後藤君が細い灌木に滝波山1412,3mと書かれた山名板を見つけて声をあげた。おそらく今冬季初めて滝波山頂に人の臭いを届けたと思われる。人跡のない山にラッセル痕を残し、誇りに満ちた気分で万歳をして記念写真を撮った。

 滝波山はこれで4度目の登頂である。若い日には滝波谷から沢を詰めて三角点に触れた。1992年8月23日、30年も昔のことだが、滝波谷で釣糸を垂らしていると背後から声を掛けられビックリして振り向くと高木先生以下我が会のメンバーで有った。先生曰く「天網恢恢疎にして漏らさず!」竿を畳んで一緒に藪を漕ぐ羽目に『美濃の山第2巻』。今回初めて滝波谷と海ノ溝谷を分ける尾根から登ったが、遠い昔の思い出話に耽った山登りとなった。

<ルート図>

コメント