大垣山岳協会

久しぶりの山行 大白木山 2017.11.02

大白木山

久しぶりの山行 大白木山 成瀬徳幸

  • 日程:2017年11月2日
  • 参加者:成瀬徳 ほか

 3週間連続の土日の雨で計画の山が次々と流れ、ストレスがたまった。

 毎日が日曜日の特権を生かし、近場の大白木山にH氏と出かけ、気分が少し晴れた。

 根尾の折越峠付近は紅葉の真っ盛りであった。

峠の地蔵様

 平日にもかかわらず、名古屋ナンバーの車が1台既に停まっていた。急な鉄製の階段が登り口。

 標高差500m足らずだが、意外と急な登りが続いている。途中で頂上の2基の反射板が見えた。

 1050m付近にある分岐(中電の反射板標示)から一度下り、

 緩やかな登り、トラバース気味の登り、トラバースの直前に名古屋の3人グループ(おそらく70歳台)を抜く。

 最後に急な登りで頂上着、所要時間1時間40分。

 まずは、二等三角点(点名黒津)にご挨拶をし、写真に収めた。

 頂上からは近くの屏風山、白山、御岳、乗鞍岳、北アルプスの一部がきれいに見えた。

冠雪した白山
御岳
乗鞍と北アルプス

 ところで、頂上の山名板には1234.5mと書いてあったが、三角点の標高は1234.3mだから20cm高い。

 貝月山は1234.2mと張り合った結果ではないと思うが、興味深い。

 帰りに時間があったので、越波地区まで紅葉を見ながら下った。峠直下の紅葉は見事であった。

 越波では12月の雪のシーズンまでいるという夫婦に会った。

<ルート図>

コメント