大垣山岳協会

平成27年度 総会・激励会報告

TOPICS・随想・コラム

平成27年度 総会・激励会報告

 今年の新年度総会激励会は恒例だった大垣フォーラムホテルから大垣市スイトピアセンターに会場を移し、1月25日に開かれた。出席者は54人だった。

 最初にこの総会前に亡くなられた高木泰夫会長と渡辺正治さんのご冥福を祈り、全員1分間の黙祷。続いて村田正春副会長が開会のあいさつ。協会の大黒柱であり、中興の祖でもあった高木会長の死去は誠に辛いが、先生の教えを守り安全で遭難のない登山を続けたいと呼びかけた。

 次に議題審議に入り、前年度の事業報告、決算報告、新年度の事業計画、予算など6つの議案を原案通り可決した。この後、各種表彰式に入った。最困難登山賞には昨年10月3~5日、奧又白池から北尾根を登り前穂高岳から奧穂─涸沢に至る縦走を成功させた4人が選ばれた。重いザックを担いでザイルワークも交える2泊のテント山行。技術と体力に優れた力量を発揮した。(わっぱ11月号=396号参照)

 表彰式の後、堀義博相談役による乾杯の音頭。待ちに待った宴席スタート。9つのテーブルに分れて杯を交わしながら語り合う。旧年の山行への想い出、反省。今年の山行計画についての情報交換や相談。すぐ、各テーブルの境界を越えた会場総ぐるみの熱気と論戦が渦巻いた。最後に全員で山の歌を歌いあげた。

 今年は新たな会場を得て、恒例だった講演や来賓祝辞もないシンプルな形式に切り替えたが、かえって会員相互の絆を結び合い、意味深い総会となった。

受賞者は以下の皆さん。

  • 月例山行最多参加賞:丹生統司、後藤友子
  • 協会主催一般山行最多参加賞:丹生統司
  • 最困難登山賞:丹生統司、竹森せい子、平木勤、後藤正雄
  • 美濃百山完登賞:杉本眞次
  • 美濃百山A・B級完登賞:藤井利定
  • 美濃百山C級完登賞:鈴木正昭
  • 個人最多登山賞:馬場昭宣

平成26年度山行集計 (犬飼進調べ)

●一般山行登頂山座数

1丹生 統司26
2竹森 せい子24
3佐竹 良彦22
4桐山 美代子18
4林 旬子18
4後藤 正雄18
7後藤 友子17
8杉本 眞次15

●月例山行参加回数

1丹生 統司10
1後藤 友子10
3桐山 美代子9
4藤井 利定8
4竹森 せい子8
4大原 和子8

●個人最多登山数

1馬場 昭宣242
2小倉 繁雄30
3阪井 俊雄29
3成瀬 矢祖一29

●年間総登山:1535座

●難易度別協会主催山行参加人数

422
★★127
★★★96

コメント